スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    H27年刑法【再現もどき】

    ツイッター等で情報を見る限り出題趣旨の発表は今もって未定のようですね・・・
    採点実感は来年の試験に間に合うのでしょうか・・・

    今回は刑法の再現です。
    刑法はそこそこ書いた答案構成が残っていたため内容としてはほぼ同じようなものとなったと思います。
    文章表現が本番より落ち着いてできた部分と本番より能力が劣化している部分とで諸々差異がでているとは思いますが。
    例によって転載禁止でお願いします。

    h27kei1.jpgh27kei2.jpgh27kei3.jpgh27kei4.jpgh27kei5.jpgh27kei6.jpg

    前々回の刑訴と合わせて101~2点でした。点数自体は最低ラインを超えていますが少なくとももうあと一歩は欲しいところです。

    時間が取れないため今後追記するとして現在は簡単な覚え書きを。

    全体
    問題文の事実の使い方がぎこちないというか、要件や論点と用いるべき事実が微妙にズレて見えます。
    規範の理由付けが記憶不足だったのか時間足らずだったのか不足してる部分が目立つように思います。


    占有関係はもう少し踏み込んだ考察をすべきだったように思います。
    Cに対する罪責が防衛なのか正当行為なのか、誤想と過失犯を書くとしてどのように書けばいいかなどがまとまっていなかったので曖昧に書いていて悪印象です。


    業務上横領・単純横領・窃盗の段落展開が上手く構成できませんでした。
    あと重なり合いをやるにしても占有離脱物横領になるはずで、間違っていました。
    そもそも乙に新薬の書類が渡っていないので譲受けはおそらく余事記載です。


    窃取の部分の検討は本番は「逮捕されるため→不法領得の意思なしの結論」までの間にもう少し説明を付していたかもしれません。
    時間が割けなかったのもありますが丙の分量が短いのは気になり、他に書くべき事項があったのか要検討です。


    解説が欲しいところですが、出題趣旨や得点記載の再現が出る以前の解説については昨年の某雑誌を健闘して微妙な気持ちになったので、少なくとも再現集等の発売を待ちたいです。
    出題趣旨はよ・・・

    関連記事
    スポンサーサイト

    2015/10/16 23:40 | 司法試験

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。