スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    H27年民法【再現もどき】

    前回の記事との間の空き具合から自分のサボりっぷりが透けて見えます・・・
    今年の民法の再現みたいなやつです。
    万が一ここを見られた方がおられましたら以下の答案画像は転載禁止ですのでお願いします。

    H27MINN1.jpgH27MINN2.jpg H27MINN3.jpg H27MINN4.jpg H27MINN5.jpgH27MINN6.jpg


    構成がほとんどできないで書いたため、再現性はかなり低いですが、おそらく本番もこんな感じで、もしかしたら設問1や設問2(1)はもう少しマシかもしれません。
    今回の民事系は約145点。いやいやもっと低いだろと思わざるをえない内容なのですが・・・ 以前の記事のように商法・民訴も相当酷いのでよく分からんです。

    民法に関しましては個人的に書くべき点からして分からないことが多く、出題趣旨や再現集の発売を待っている状況ですので、問題ごとのコメントは今後追記していくつもりです。
    とりあえずおおまかに最低限の弁解を・・・
    設問1
    小問(2)
    付合とか費用償金とかちゃんと覚えていなかったので現場で焦りました。
    とはいえそれ以上に、Dの反論や乙建物の鍵の扱いが全く思いつかず、結局答案構成も終わらないままで書いた問題でした。
    前者は主張が認められるかが先に聞かれているのに、その一要件である「法律上の原因」についてを無理やり反論に持ってきているので構成からおかしなことになっています。後者はとにかく書いとけといった魂胆見え見えで何故そこに書くのかが意味不明になりました。
    答案構成やメモが残っていないため、実際にどう書いたかは定かで無く、再現性は低いです。特に反論はもうちょっと違うことを書いていたかもしれません。
    設問2
    小問(1)
    本番はFとGどちらとの対抗問題にしたのかちゃんと覚えていません。主張立証が必要だとした事実自体は本番も同じものを抜き出したと思うのですが、どういう構成にせよ間違っていますね。あと、理由付けは本番はもう少し書いたかもしれません。
    小問(2)
    はい、民法最大の地雷です。
    文章自体はだいぶ違うと思いますが言ってる内容は同じなはずです。
    一応6枚目の画像に同時間で書き得る別の回答を載せておきましたがこちらも合っているのか分かりません(恥の上塗り・・・)。

    以上、民法は直前の模試で唯一合格ライン点だっただけに本番の終了時には冷や汗が止まりませんでした。
    出題趣旨(というか再現集)、まだですかね・・・・・・

    関連記事
    スポンサーサイト

    2015/10/13 03:41 | 司法試験

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。