スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    今年の論文課題(その2)

    そんなわけで次は2日目の民事系科目についてです。
    書き上げたら短答発表まではゆっくり過ごしたい・・・



    民法

    民法の演習書としてはまず、『事例で学ぶ民法演習』および『民法総合・事例演習 第2版』が挙げられます。
    前者は財産法分野につきひと通り問題が揃った演習書で、解説において具体的な当てはめまで検討がなされており、ローの自学習で大変有用でした。昨年一周はしたのですが、結局今年に入って復習をする機会がありませんでした。是非反復して定着させたいです。
    後者は言わずと知れた解説なし高難度の問題集です。ローの授業であらかた潰し終えている本書ですが、やはり難度は高く、一問の検討に数日かかった設問もありました。また、元調査官や弁護士であられる実務家教員の授業を通して、いくつか入手した上位ローの解答例や有名な某大学のノートすらも多くの間違い箇所があることも分かりました。それでも、これほど民法の各分野を横断的に扱って解く問題集は他にないため、自己課題との関係では必要と判断しました。ローの解説レジュメ等を使いながら何とかこなしたいと思います。

    次に新しくやるものとして、評価の高い『基本事例で考える民法演習』を潰したいと考えております。こちらは、昨年合格された学部ゼミOBの方がオススメされており、購入はしたのですが、結局試験に間に合わなかったものです。
    また、来年は再び家族法分野の問題が出る可能性もありそうなので副次的に『民法演習ノートIII―家族法21問』を適宜潰せたらなと思います。
    また、場合によってはこれらに優先して、平成14年から22年までの旧司の問題をやろうと考えています。春頃に『司法試験合格答案の基本』の筆者がブログでこれらの問題の解説と参考答案を短期限定公開しており、それを保存したものを使用する予定です。ちなみにWebのいろんな場所ををよく探すと公開終了した記事も魚拓があったりして今も見れちゃったりします・・・
    基本書は、各分野につき定評あるものとコンメンタールを所持していますが、前から通読などはせず、分からない部分を適宜参照していく予定です。重要事項のインプットはまとめノートで。
    過去問はぶんせき本の民法部分だけを大大問が終わって以降の物をメインにする予定です。民法で新司解説の本が出ないのは何故なのか・・・

    商法
    いま会社法で演習書をやるならこれかなと思います。出版社サイトから改正法との関係での追補が出ており、それで改正に対応できそうだからです。(ちなみにロープラは買ってないので分かりません)
    ローの授業では『会社法事例演習教材 第2版』が指定されており、偶然オークションで入手した解説例が秀逸なこともあってかなり勉強になりました。ただ、改正に対応してないのと単問形式なのが試験と離れているため、事例で考えるでカバーしていない分野の穴埋めに使う程度と思われます。
    商法と手形についてはこれといった演習書がないのですが、学部時代の予備校教材にあった旧司過去問を利用しようかと思います。ただ、答案例しかついていないので、何かしら他のものも欲しいところ。スタンダードあたりでしょうか。あるいは講座を探すか。
    基本書はリークエ安定ですが2版しかないので早くバイトして3版を買いたい・・・
    あと『基本講義 手形・小切手法』が地味に欲しい。過去問はLIVE本を使う予定。

    民事訴訟法
    まずは『基礎演習 民事訴訟法 第2版』を終わらせたいです。自習でほぼ終わらせたのに結局最後まで潰しきれず。
    ちなみにやり残した部分に二重起訴と上訴が入っていたり。
    よく解説にバラつきがあるとかロープラの方が安定しているとか聞きますが、個人的にはこちらの問題集のほうが好みです。学部生向けの基本レベルとのはなしですが、民訴は基礎事項からして発展級に難しいのでどうなのかなぁとか思います。思いたい。

    でもやはり不足感は否めないので別途旧司の問題を潰す予定です。旧LIVE民訴で平成16年までの問題を、『解析民事訴訟』の解説部分と学部時代の予備校教材の答案例を組み合わせて17年以降のものを潰すつもりです。
    この他に半年前から『民事訴訟の基本原理と要件事実』がずっと気になっているのですが手が出ない・・・
    基本書はロー時代にお世話になった『基礎からわかる民事訴訟法』を継続して参照していくつもりです。ただ、個人的に『重点講義民事訴訟法』の文章が読みやすいのでメインの参照はこっちになるかもしれません。こっちも過去問はLIVE本を使う予定。

    関連記事
    スポンサーサイト

    2015/06/01 08:02 | 司法試験

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。