スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    今更 110話・111話感想 部長は清澄のレジェンドだったのか。

    阿知賀編最終話が観れないこの悲劇的状況の中記事を書いている『高遠原の嶺上使い』(5/25)です。

    5月ももう終わろうかという時期なのにやっと今月2回目の記事。
    ローの授業が想像以上にバイオレンスでメゲそうな今日この頃です。まあマイペースでもブログを持続していけたらなぁと(言い訳)。

    先週のまとめアンテナ杯、企画者・出場者・観戦者の皆様、本当にお疲れ様でした。
    今回はツイッター実況をしておりましたが、とても白熱した大会で、次の機会は予定が合いさえすれば是非参加したいな~と思います。

    今回はホント今更ながら110話111話の簡単な感想を。近いうちに感想以外の記事も上げていきたいと思います。


    第110局 [爆発]

    110-1.jpgまさかのタイトルがネタバレという。

    部長の作戦でスタイルチェンジをしているタコス。
    決勝は部長とレジェンド、それぞれの策略によって照に挑んでゆくことになるのでしょうか?

    110-2.jpgそれにしてもこのタコス、カッコイイ(小波感)

    というよりどう見ても主人公です本当にry
    もうキャラ属性的にはタコス=主人公系、咲さん=ラスボス系、ってことなんでしょうかねえ・・・

    咲ポでは対局中にドーン!なんて言っているタコスですが、咲ポ2では結構変わってそうです。
    頑張れ片岡君、魔物と呼ばれるその日まで。

    110-3.jpg今回は漫ちゃんがちゃんと爆発して、末原さんもご満悦。
    さすがにまた不発では何のためのフラグか・・・ ということではありますが。こう、着々と見せ場を消化していると今度は姫松の敗退フラグの導火線に火が・・・・・・

    作中で本人があまり意識・意図していない能力というのもめずらしいですね。


    第111局 [連発]


    111-1.jpg続いて111局。

    え?爆牌? なんかもう今からアニメでの、これ麻雀じゃねえ的なエフェクトが目に浮かびます。

    一人無表情なガイトさんが最早シュール。

    111-2.jpgさてこの漫ちゃんの能力、発動条件について愛宕ネキがなにやらヒントらしきことを言っているっぽいですが、管理人には何のことやら。
    2回戦と比較しようにもそれっぽい部分はキンクリされていましたので能力についての考察が気になります。

    この台詞や、末原さんの、相手が強いほど~という評価から、強い相手専用のカウンターみたいなものでしょうか。

    そして成香ちゃんのこの台詞。
    ツイッターで闇チン闇チンと流れていてなんのこっちゃ? だったのですが記事を書いている途中でやっと気が付くと言う管理人の節穴っぷり。

    111-3.jpgなんとこの爆発についても部長はリサーチ済みでした。

    姫松の回想で、漫ちゃんがレギュラーになったのは前年のインハイ前頃からと推測されますが、今大会の代行の反応を見るに、過去公式戦で爆発したことは殆ど無かったと推測されます。
    にもかかわらずここまで予測できちゃう部長、準決勝のレジェンドにも負けない有能さです。
    実際、他の清澄メンバーがここまで強くなったのも部長の功績が大きいですし、まさに竹井久は清澄のレジェンドといったところでしょうか。

    決勝では部長とレジェンド、名主将対名監督の策略対決が見られるかもしれません。

    111-4.jpg止まらない爆発。思わずにやけてしまいそうなほど絶好な好配牌の漫に対し、再び動き出すガイトさん。

    ところどころで出てくるポン刀のイメージ。
    もしかしてガイトさん、遠い親戚にとか原田っていう苗字の方がいらっしゃったりしないでしょうか・・・?

    こんな感じで112話へ続く現在前半戦南2局2本場。かなり長丁場ですがそろそろ後半戦終盤までキンクリでしょうか。
    どちらにせよ次鋒戦のキンクリがほぼ確定してきたような・・・・・・


    111-5.jpgそれにしてもこの成香ちゃん。

    初登場のシルエットではこんなにヤバげなオーラ全開でしたのに、いまやビクッ・ブルッ・涙目のとてもよく似合う、薄い本が厚くなりそうな立派なキャラに。。

    しかしあえて先鋒に起用されている辺りすばら先輩のように何か理由があったりするのでしょうか?

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-Saki- - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/05/26 01:54 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    成香ちゃんがかわいいの一言になりますねえw 2回戦の漫ちゃんなら、二人で沈んで、ということもあったでしょうが、爆発してしまいましたし…。

    成香ちゃんもですけど、Bブロックは先鋒にエースをあまり持ってきてないですよね。ガイトさんと姫様くらい?Aの方は、照、怜、玄と3人エースでしたのに。

    その分、中堅、大将あたりに強いのが置かれていますよね。だから漫ちゃんが爆発してエースを止めることが出来れば、姫松はスキのないチームになりますね。
    ガイトさんがこの爆発をどうするのか、見物です!

    No:84 2013/05/26 05:40 | ロロ #- URL [ 編集 ]

    はやりんが有珠山を「一番戦いたくないチーム」と評したのは、成香ちゃんが弱すぎてハコ直前まで落ち込み、池田が0点にされた時のようにトップ以外は和了りを制限されるからだったりして・・・
    他校の先鋒が自由に打てず調子狂ったところで、次鋒以降が挽回する。
    もしくは、リザベとは逆に成香ちゃんがやられるほど後続が和了れるとか。
    今の成香ちゃんのヘタレ可愛さを見ていると、そんなトンデモ妄想さえ湧いてきますw

    >原田っていう苗字の方
    あかん、漫ちゃんがイメージでなく本当に刺されてしまう!

    原田は癖があるフリをしてひろの観察眼を逆手に取っていますが、ガイトさんも巧妙に理牌迷彩してるんですよね。
    個人戦にて、キャプテンが神眼の通じないガイトさんにどう立ち向かうか見てみたい。
    二人の打ちしゅじ的に、近麻っぽい勝負(というか、ひろ-Hero- VS 原田)になりそうですしw

    No:85 2013/05/26 09:58 | 長文の名無し #M7Y.aM5A URL [ 編集 ]

    こんにちは

    >竹井久は清澄のレジェンド
    全国編はかじゅノートも対策の一つになってる見たいよ
    (アニメ一期の合同参考)

    >ところどころで出てくるポン刀のイメージ。

    おお ヤクザイーメジがついた ガイトさんですか
    ここにきてドスの能力て イケてんじゃん

    さてガイトさんですか 声優は日笠陽子でしたよ。







    No:86 2013/05/26 15:53 | 山 #- URL [ 編集 ]

    流石にある程公式戦で爆発した実績がなければ一年間レギュラーに登用されているはずがないと思うんですがそれは
    正直素は全国で先鋒張るには……って感じですし
    部長が有能なのは同意ですが
    何あの超人

    No:87 2013/05/26 16:48 | #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。