スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    今更だけど① 阿知賀編15話感想 (一応最終話のバレ注意)

    はい、結局4月は2回しか更新できなかった『三箇牧のニワカ』です、ごめんなさい。
    新生活に慣れたらもう少し更新ペースを上げていきたい・・・

    さてさて、本編11巻と阿知賀編5巻が発売して約1週間。
    咲-Saki-ファンの皆様はどの店舗や特典を選択したでしょうか?
    DSC_0419.jpg
    ちなみに管理人はこちら。

    11巻はとらのあなさんの特典が咲さんだと知って即断。

    阿知賀5巻はアニメイトさんやメロンブックスさんと迷ったのですが、あわあわが好きだったので文教堂さんまで行って来ました。

    全部コンプされたという強者はいったいどのくらいいるのでしょう。

    今回は遅ればせながらアニメ阿知賀編15話の感想を書いていきます。
    ※原作最終話の内容にも触れますのでアニメオンリーの方はネタバレ注意。


    第15話「激化」

    内容自体は以前考察した原作漫画と殆ど一緒ですが、音や動きが加わったことでまた違った印象を受けるところも多かったように思われます。

    a15-2.jpgまずは哩姫コンビ。

    この追加エピソードから流れるようになったリザベ専用曲(多分)がかっこ良過ぎます!
    このBGMからは、多くの能力の中でもこのリザベの際立った特殊さ、また同時にいよいよクライマックスであるといった印象を受けました。

    あと鍵が出現する時のエフェクトがキーブレードみたいだな~とか。


    a15-1.jpg15話で一番気に入ったのがこの怜ちゃん発現シーン。

    漫画で目にした時にはそんなばかなといった感想が先行していました。
    しかし、声が吹き込まれ、極めつけにMIRACLE RUSHのBGMがかかることで一転、とても感動的なシーンになったように思われました。

    まさに、怜と竜華、2人の集大成といった感じで鳥肌必死の場面です。


    a-15-3.jpg漫画とアニメでキャラの印象が一番異なったのがあわあわでした。

    漫画ではもう少しスマートで本気時のエフェクトもクールな印象だったのですが、アニメでは全体として、より若干おちゃらけた?感じに。
    a-15-ex_20130501051721.jpg

    本気の時などはドスが利いていて迫力が増したりとアニメはアニメでとても良いのですが、右のような時折シリアスな雰囲気や表情の淡が一番好きなだけに少し残念ではあります。

    16話では逆にアレやあんな感じの淡の表情が見れそうなので期待が膨らみます。


    a-15-4.jpg動きといえばこの多治比さん、アニメになったことで、ハッと何かに気付く→驚愕→恐怖という一連の表情の変化が分かるように! ゲス顔が捗ります本当にありがとうございました。

    そしてある意味漫画の印象通りだったのがこの穏乃。
    淡へのロンのところはめちゃくちゃドスが利いておりました。穏乃さん恐いですイイゾモットヤレ。
    さらにちょっと笑っているようにも見えるこの表情。魔王の一人か何かじゃなかろうか・・・
    最終話の「残念だけど~」の穏乃がどれほど恐ろしくなるのか今からとても楽しみです。

    こんな感じで、やはりアニメはアニメならではの個性、漫画とはまた違った面白さがあり、大変すばらでした。
    あと印象に残ったのは、何度か触れてますが、衣の穏乃との対戦についての台詞が「2回目」から「2日目」変わっていたことです。これによって初見以降は完全に海底と一向聴地獄を破っていたことになり、穏乃のヤバさと決勝の淡のピンチがはっきりしてきたように思います。
    他には、ジャージ憧がこれはまずいだろ(良い意味で)だったり、リザベキーの先端の形状がやはりまずいだろ(すみません)だったり、咲さんかわいかったり、咲さんかわいかったり。

    さて、アニメ阿知賀編も残すところラスト1話。
    個人的に注目しているシーンは、1位抜け決定直後のレジェンド嬉し涙のシーン、最後の穏乃・憧・和の描写、これらがアニメではどのような感じになってくるのかが気になるところです。
    あとは穏乃が炎をバックに淡を圧倒する場面、試合後の敗戦校の描写、淡のあんな表情やこんな表情にも注目です。


    というわけでで久々の記事でした。
    GWなので近いうちに本編110話の感想とかも上げていきたいな~と思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-Saki- - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/05/01 06:21 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    え?ニワカ?可愛いですよねやえさんは。

    こうして見るとアニメは印象が違いますよね。漫画の方が派手な印象がありますね。アニメは皆声が低めでシリアスという感じです。
    (個人的に、真佑子ちゃんは漫画の派手さがインパクトありすぎてもったいない感じに・・・?)

    最終話の注目はやはり追加シーン、各校の勝敗結果後の掘り下げ、そしてやえさんの喜ぶシーン、期待します!!(特典でまさかの登場、これはアニメもいけるかも・・・?)

    No:82 2013/05/02 05:15 | 振りかえるロロ #- URL [ 編集 ]

    > え?ニワカ?可愛いですよねやえさんは。

    アニメは絵も本編に近い感じで、漫画よりもデフォルメが弱い分印象が大分変わりますね。立絵で阿知賀編をやったらこんな感じなのかなと。
    AT-X観れないので配信待ちなのですが、果たしてやえさんの喜ぶシーンはあったのか・・・!?

    No:83 2013/05/26 02:08 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    Re:

    > 成香ちゃんがかわいいの一言になりますねえw 2回戦の漫ちゃんなら、二人で沈んで、ということもあったでしょうが、爆発してしまいましたし…。

    当初の魔物オーラもどこ吹く風の小動物キャラ。アリですね。
    案の定有珠山は大将が強いということになりましたが、一体誰になるのでしょう。
    漫ちゃん本領発揮でいよいよ姫松が隙のないチームに、でも見せ場出し切ってしまった感が。。

    > はやりんが有珠山を「一番戦いたくないチーム」と評したのは、成香ちゃんが弱すぎてハコ直前まで落ち込み、池田が0点にされた時のようにトップ以外は和了りを制限されるからだったりして・・・

    最新話での有珠山のやり取りを見ているとありえなくもないというのがなんとも。。
    漫ちゃんなんとか刺されずに済みました(安堵)
    ガイトさんについては是非どのように照に挑んでいくのかを見てみたいところです。

    > 全国編はかじゅノートも対策の一つになってる見たいよ

    完全に忘れていました・・・(汗
    とはいえそれを含めて部長の人望っぷりはハンパないですね。
    ガイトさんが実際にドスを振り回していた件(イメージ)。

    > 流石にある程公式戦で爆発した実績がなければ一年間レギュラーに登用されているはずがないと思うんですがそれは

    代行の反応を見るとどっちなのか分かりかねる部分が。
    部長はなんか最新話でも凄い奴描写があっていよいよアレな感じに。

    No:88 2013/07/06 06:20 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。