スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    【阿知賀編】 最終話いろいろ感想(後)

    阿知賀編最終話への賛否両論の嵐を見てoh……な『永水の魔物』(3/13)です。

    まあどこが勝っても負けても荒れそうっだったのは確かですし。
    賛否について個人的には賛側なのですが、まあその辺りのことは次の記事に最終話総括として書こうかなと思います。

    引き続き阿知賀編最終話の感想等を書いていきます。

    穏乃について、コメントや考察サイト様にて蔵王権現をモチーフとしているとのこと。
    管理人もググってみましたが、現状、この説に賛成です。


    それでは以下ネタバレ全開。




    オーラス南四局

    a-20-10.jpg長かったAブロック準決勝もラスト1局。

    前局、姫子が役満を和了り、トップが阿知賀、2位千里山と3位新道寺が僅差で並び、親かぶりの淡が一人沈みの状態。

    賽の目は2。結局淡は賽の目にはあまり恵まれませんでした。

    そこそこ安全な阿知賀に対し、速攻で和了して2位以上死守の千里山、親の新道寺もドラを2つ抱え、何でも和了すれば3900以上確定で勝ち抜けの状態。
    淡も高目ツモで跳満、2位勝ち抜けの手を張りました。リーチをかければ安目でも竜華に直撃、あるいは一発ツモで勝ち抜けです。とはいえリーチせず。

    a-20-11.jpgここでカン材を引いた淡。能力によってカン裏が乗ることを見越して中をカン。
    思惑りなら阿知賀に倍満直撃か3倍満ツモで1位になれます。

    一発で姫子が当たり牌を出しますが、姫子から3倍満を和了っても1位じゃないとこれをスルー。
    一見ナメプ&フラグにも見えますが、結果的にこの判断には助けられます。

    a-20-12.jpgあくまで1位を狙う淡。
    勝ち抜けも危うい状況ではありますが。

    フリテン状態で穏乃からも当たり牌が切られ、和了可能性が絞られていきます。
    それでも和了る。ある意味執念といえるでしょう。

    そして淡がツモ和了り。

    この瞬間の竜華と姫子の表情が印象的です。

    a-20-13.jpg3倍満の点数を申告しようとする淡にカン裏の確認を促す穏乃。

    淡の確信に反しカン裏は乗らず。穏乃の能力によってカン裏までもが無効化されていました。

    さすがに点数誤申告でチョンボまではないでしょうが、重過失による誤申告で何らかのペナルティがあったとしたら穏乃に助けられた形かもしれません。

    この結果淡は跳満止まり。ぎりぎり2位通過となりますが、さっき姫子から和了していたら竜華をまくれず白糸台の敗退でした。トップを目指すという千里山の方針のような淡の姿勢が、結果として千里山を抜いての2位浮上に繋がったのはなんとも…

    a-20-14.jpgこうして1位通過したのは阿知賀女学院。
    正真正銘のダークホースです。

    このレジェンドの表情がとてもぐっときます。

    「準決勝にかける想い― 弟子による師のための強き意思― 10年越しのリベンジ―!!」それが結実した瞬間です。

    2位は僅差で白糸台。点数や2位のナレーションが無いため、自分で計算しないと2位がどこかしばらく分からないという。

    大将の得失点だけなら、穏乃・淡はマイナスで竜華・姫子がプラスですので、単純に順位=4人の強さとはいえないでしょう。

    a-20-15.jpg阿知賀の勝利を見届けた和は会場を後にします。

    一方、敗退した千里山と新道寺。
    今まで主要キャラで敗退してこのように悲しむ高校が少なかったからか、新鮮というか悲しさが伝わってくる……
    なにげにタコスを差し入れていた優希。すばら先輩との再会はキンクリされていたとは。

    a-20-16.jpg文字通り泣きべそをかきながら戻ってきた淡。
    通常運行の照と白糸台控え室が草不可避。

    決勝でのリベンジを誓う面々。
    菫のクセも解明されたっぽいです。

    a-20-17.jpgジャージ姿に戻った穏乃の一言、憧の反応。
    憧穏は公式?

    決勝進出チームだけが下見可能である新設ステージに向かう阿知賀一行。

    防音やら電波遮断とか一体どれだけ金を使ってるんでしょう。そのうちテレパシー遮断とかやりそうです。

    a-20-18.jpgすこやんと出会う赤土監督。

    個人的に、恐がった顔しながら恐ろしい麻雀を打つすこやんとがくがくのレジェンドは、ガクブルの咲さんとカタカタの末原さんと重なって見えます。

    後ろに阿知賀部員達が自信となり、すこやんにもあまりビビらない赤土監督。もうトラウマは払拭されたということなのでしょう。

    a-20-19.jpg翌日、清澄の出陣です。

    ここは本編106話と同じシーンですね。

    106話の咲さんと和の様子や「第2試合のダークホースとなるか」の言い方から、阿知賀と白糸台の勝ち抜けは違いないといったら身も蓋もないんですが。

    a-20-20.jpgインターハイ決勝大将戦のステージに向かうのであろうこのシーン、穏乃と淡の立ち位置が先ほどの阿知賀とすこやんと同じです。
    2回戦の怜や準決勝の照もこの位置なので、淡の覚醒&真ラスボス化も無きにしも非ずか?

    阿知賀編ラストも譲治さん(原村父)のダンディーナレーションが確定しました。


    a-20-21.jpgここの一連の和のコマ、やはり清澄の決勝進出はほとんど確定とみてよいのでしょうか。まあ、まだ1~2年あるのでリッツの気が変われば分かりませんが。

    最後を飾るカラーページは小学生時代の穏乃・憧・和。

    ここが阿知賀編の原点といって良いでしょう。

    a-20-22.jpg約1年半続いた 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A もついに終了。

    やはり寂しいものです。
    しかし、何年先かは分かりませんが阿知賀の本編決勝再登場を待ちたいと思います。

    あと、千里山と新道寺の面々も決勝前とかでいいので登場して欲しいです。

    そしてなんと小林立×五十嵐あぐりの最新作がビッグガンガンで連載決定!
    しかも小林先生のブログにて咲-Saki-関連であることが判明しました!!!ひゃっはああああああああああああ!!!!!我が世の春が来たぁぁぁぁぁぁぁ!!

    以上、阿知賀編最終話の感想でした。

    分量が多く、順序を追うだけになってしまったので、それ以外の感想を総括的な形として別記事で書きたいと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-saki-阿知賀編 - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/03/13 20:13 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    何も知らない周りから見たらカン裏乗るよりもツモ上がる期待値の方を優先した感じでしょうね
    ただカン裏も支配解いただけだともしかしたら本当に載ってた可能性もあるんですよね
    まあそれも含めてシズの捲らないとというセリフなんでしょうけど

    No:47 2013/03/13 20:31 | #- URL [ 編集 ]

    優希とすばら先輩については本編(休載により未だ先鋒戦)で描写があるかもしれないですね。
    準決勝になっての優希は気持ちが引き締まっている感じです。
    今考えると、すばら先輩敗退の後ですものね。
    逆に和は阿知賀を変に意識し過ぎて、公式戦で初のマイナスになるかも?

    No:48 2013/03/13 22:04 | yae-koba #- URL [ 編集 ]

    Re:

    > 何も知らない周りから見たらカン裏乗るよりもツモ上がる期待値の方を優先した感じでしょうね

    カン裏抜きに考えると、あの状況では高目をツモるしか勝ち抜けできないのが普通ですからね。
    偶然裏1つでも乗ってるなら姫子からのロンでもいけたのですが、あの見逃しは運が良かった。

    > 逆に和は阿知賀を変に意識し過ぎて、公式戦で初のマイナスになるかも?

    確かに今のところ準決勝のタコスは2回戦以上に気合が入ってる感じです。
    和は準決勝で大きなsageが来るとの予想が多いですね。作者補正で覚醒なり何なりして結局プラスになりそうですが。。

    No:49 2013/03/14 19:53 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    いやいや すごい いい最終回でしたね

    まさか1位通過するとは 阿知賀凄いですね
    しかし 姫子も負けてない 下手すれば白糸台を敗退して
    たのが凄いよ

    >穏乃の能力
    まぁ これはスキルジャミング命名します。

    能力を妨害して力を薄める これは地味に強敵ですよね。

    >最新作

    色々ネタがあるけど 赤土さんの高校時代の
    咲-Saki-zero(仮)見たいです。

    顧問は 照と咲 似の謎の女教師とかね






    No:57 2013/03/16 21:51 | 山 #- URL [ 編集 ]

    Re:

    > いやいや すごい いい最終回でしたね

    1位通過には賛否ありますが、1位だからこそレジェンド関連の感度も大きいです。
    大将戦は全員が拮抗したいい試合だったと思いますね。
    シズの能力は、エフェクト見てるとジャミングだけじゃなさそうな気もします。

    No:58 2013/03/17 10:25 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。