スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    【阿知賀編】 最終話いろいろ感想(前)

    ついにこの時が来てしまった…… 『千曲東のタコス』(3/12)です。

    今回は阿知賀編最終話の感想やら考察をあれこれ書いていきます。

    最終話のページ数を数えてみたのですが、なんと100ページ強もありました。
    そこで今回は、記事を前・後の2回に分けていこうと思います。

    以下ネタバレ全開ですので注意。




    最終話 [軌跡]

    a-20-1.jpg一人の時間をネト麻に費やし、全中王者にまで至った和。
    一方、一人でひたすら山を駆け回ったという穏乃はそれが現在の力になっているそう。麻雀に影響するとかそんなばかな…

    衣いわく、穏乃は修行として歩かれるような山の深くをまるで庭のように駆け回っていたのだそうな。
    登山には詳しくないですが、多分相当凄いことしてますよね… 駆けっこ大会で清澄が穏乃に勝つのは不可能でしょう。

    ちなみに幽邃とは、景色などが奥深く静かなことを意味するそうです。人も寄り付かない山の奥地、そこで穏乃は何らかの力を得たのか。

    a-20-2.jpgどうやら哩姫のコンボは実際にプロでも破れなかったようです。
    竜華の怜ちゃんにも何か気付きかけている雅枝監督。今回初じめて発現した能力のようですが、準決勝Aブロックはオカルトのバーゲンセールといった感じです。

    そしてついに明らかとなる穏乃の能力。
    19話の記事で、賽の目によって淡がカンをするラス角までの速さが関係してそうと書きましたが、合ってるっぽいです。

    a-20-3.jpg牌山の奥深く。

    前回まではラス角が遅くなることで淡の力が弱まって穏乃が付け入れるのかなと思っていましたが、牌山が奥になるにつれて穏乃の影響下に置かれるとのこと。

    12~8ほどラス角が深くならない賽の目2で既に穏乃の影響を受けています。
    この時点で、淡の能力が問題なく発揮できる可能性がある目は6・5・4・3に絞られていることに。

    そしてこの穏乃。山の主というかゴンさ…
    ツモ山が奥に行くほど視界が悪くなるという淡の表現。プラマイゼロ咲さんも牌が見えなくなったりするのでしょう。
    右下の穏乃、完全に魔物のシルエットですね。

    a-20-4.jpgダブリーはできますが、賽の目は9。2番目に遅いため穏乃の影響を大きく受けます。

    度々一人山の奥深くにいた穏乃、意識ごと深い山と一体化する、そんな体験を思い出しています。

    怜や玄などのように、この世界では、何らかの特殊な体験によって神秘的な力を獲得する選手がいます。穏乃もその一人なのでしょう。

    牌山の奥深くで発揮される穏乃の能力。咲さんの言うように、山の最奥ともいえる海底・嶺上を得意とする咲さんや衣にとっては相性が悪そうです。
    逆に最速ともいえる和(空飛びますし)や、東発のタコスは相性が良さそう。

    a-20-5.jpg穏乃に気圧される淡。

    ここの辺りなど、他の漫画とかで、格付けは済んじまった、みたいに言われそうなぐらいの描写にも見えてしまいますが、どうなんでしょうか・・・

    穏乃の背後に火の輪のエフェクトが見えます。
    穏乃については高鴨神社や倭文神が関係するのではないかとの考察を目にしたことがありますが、もしやこれもそれに関係が?
    ググったところでは、火と山に関連しそうな神に、遺体から8つの山津見神(やまつみのかみ)が生まれたカグツチ、火遠理命(ほおりのみこと)で別名、山幸彦(やまさちひこ)とか出て来ましたが、解からないですごめんなさい。詳しい方の考察に期待。

    そして阿知賀が白糸台を抜きトップに。

    a-20-6.jpg山の奥深く、穏乃の領域にて、果たして咲さんの嶺上の花は開くのか。
    森林限界でも咲く花のように強く、という照の言葉が思い出されます(あれは高さの話ですが)。

    淡は穏乃の能力を、牌山の深くで相手の力を無効化できるものではないかと当たりをつけます。
    今の所そうっぽいですが、ここまでの闘牌を見てると能力無効化、後の直感力に加え、他にも何かありそうな気もします。

    南一局の賽の目は10。先ほどダブリーのできた9より1つラス角が近いはずなのですが、ダブリーも絶対安全圏も消えています。
    19話における衣の「2回目には海底に辿り着くことすらできなかった」との台詞と合わせて、これは局が進むごとに穏乃の支配が広がっているのだと考えられます(対戦相手を山に見立てて攻略していく的な)。恐らく対局が進むにつれ、衣の一向聴地獄と海底も無効化されていったのでしょう。

    淡を拾ったのは照とのこと。淡から素質を感じた照が麻雀部に誘ったということでしょうか。淡は高校から麻雀を始めたとかで全中等にはいなかったのかも。
    照と淡の関係性は本編決勝での回想待ちです。「拾った」という表現といい、なにやら淡の過去にはいろいろありそうな感じも(不幸要素も含め)。

    a-20-7.jpgこの局は竜華が穏乃の当たり牌を止めつつ、ダブ南対子落としのオタ風シャボ待ちで姫子から直撃を取りました。竜華の地力が光ります。

    南2局、竜華は最後の怜ちゃんを使いますが不発。これは相当痛い。

    賽の目は8ラス角は最奥という淡には厳しい位置。どうも賽運に恵まれない淡。

    穏乃は姫子からの1300を見逃して低い300・500をツモ。
    トシさんとの会話で穏乃は何かを見通す力があるとか。2回戦の逆転もこれに関係している?
    ここの2人の会話を見ていると、レジェンドがプロに行った翌年はホントにトシさんが阿知賀監督を引き継ぎそうな。

    a-20-8.jpgそして南3局。
    哩姫コンボ14翻の局です。

    プロでも破れないなど、フラグとも思えた数え役満が炸裂。

    和了したものの、過去一度もぶれなかった哩との絆が、穏乃の支配によって阻まれていました。

    穏乃の力は他の多くの能力にも効果を発揮する上、哩姫にも届きかねない強力なものということでしょう。

    a-20-9.jpg親かぶりを受けた白糸台が大きく沈みました。
    2位との差が14600。竜華に7700直撃かハネツモ、もしくは他家に倍満直撃でないと白糸台の敗退です。

    淡の前局リー棒出費と阿知賀の300・500によって、阿知賀へのハネチョクでも白糸台の敗退、竜華と姫子もスピード優先となるため、阿知賀は比較的安全なトップとなりました。

    恐らくこれが南2局における穏乃の不可解な和了りの狙いで合ってるでしょう。淡のリー棒等、偶発的要素もありましたから正に直感といったところでしょうか。

    そして勝負はオーラス。果たして決勝にコマを進めるのはどの高校か?
    感想(後)に続きます。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-saki-阿知賀編 - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/03/12 18:54 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    多分シズの火の輪のエフェクトは蔵王権現モチーフにしてると思います

    No:41 2013/03/12 20:25 | #- URL [ 編集 ]

    ダメですよ!
    熊倉さんは清澄ですよ。
    じゃないとなかなか出番が…。
    これはおまけの予想ですが、南浦さんも清澄じゃないですか?
    公立なら通えるでしょう。
    これなら、部長がいなくなっても、選手、参謀両方共に補える。

    No:42 2013/03/12 21:49 | ふむふむ #- URL [ 編集 ]

    Re:

    > 多分シズの火の輪のエフェクトは蔵王権現モチーフにしてると思います

    それですそれです!どこかで見たけど思い出せませんでした。仏教系だったとは。修験道の人々に信奉されて、日本各地の霊山に祭られているとかなので関係ありそうな気がします。

    > 熊倉さんは清澄ですよ。
    > これはおまけの予想ですが、南浦さんも清澄じゃないですか?

    個人的に熊倉さんには清澄、というか咲さんへのリベンジをしてほしいです。
    南浦さんの転校は普通にありそうです。タコスと東場・南場コンビみたいな。部長は卒業してもコーチやりそうな気もしますが・・・

    No:44 2013/03/12 23:53 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    リベンジですか…。
    名門の監督じゃないので、ちょっと大人気ない感じが…。
    自分はレジェンドとの師弟対決かなと思いました。なんせ、プロは優勝を見届けたらと言っていた。
    南浦さんにとって最高の練習相手じゃないかと思いましたタコスは。なんせ、自分の最大の弱点に強い相手に少しでもなんとか出来れば最高の練習じゃないかと思いました。
    更に最高レベルのデジタルエース(和)と最高レベルのオカルトエース(咲)がいて、アナログナックルボーラー(まこ)もいるんだから。

    No:45 2013/03/13 07:50 | ふむふむ #- URL [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    > リベンジですか…。

    レジェンドの優勝発言は決勝への意気込みで、優勝できなくても部員の後押しでプロになる気がします。
    清澄は全国で活躍してるので翌年は大量に人が来そうなんですよね。あと翌年の咲さんの全国目的のために和は転校してしまいそうで。ということは 南浦さんと大型ルーキー的な。

    No:46 2013/03/13 14:38 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。