スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    【咲-Saki-】第6局 実名でネト麻しちゃう咲さんかわいい

    個人的にクールで美しいといえば対局中のイケメン咲さんだと思う『今宮の100巡先を見る者』(3/5)です。照・菫さん・哩さん辺りで投票先に迷い中。

    昨日、咲-Saki-フェスミュージアムを見に行ってきました。
    StylipSさんの舞台衣装や阿知賀編の台本と、こういった機会でなければ中々お目にかかれない展示があってとてもすばらです(しかも撮影可!!)。
    あと、メッセージボードが備え付けられていたのですが、全体的にレベルが高く、記入を躊躇してしまいそうになりました。とりあえず管理人はいつもの「咲さんかわいい」を書きましたので、目にした方はご容赦を。

    さて、今回は第6局の感想を書いていきます。

    この第6局で第1巻収録分が終了となります。
    大会直前までを収録しているこの第1巻は、いわば咲-Saki-という作品の導入部分に当たるといえそうです。

    前回、カツ丼プロにボロ負けし、天江衣には絶対勝てないとまで断言されてしまった咲さんと和。
    全国に辿り着くため、部長に強化合宿を提案します。

    (右画像は第1巻のamazonリンクです。)


    第6局 [決意]


    90.jpgこんなこともあろうかと、と言わんばかりに合宿の用意をしていた部長。

    日時が週末とのことから2~3日くらいでしょうか。阿知賀と比べてもかなり短い期間です(地力の違いはありますが)。
    そういえば、こういった合宿は通常付き添いの教師が必要とされるはずですし、そもそも部活は顧問がいないと許可されなそうですが、その辺りはどうなんしょう。やはり学生議会長特権とか名義のみ顧問なのでしょうか?
    考えを読まれていたと驚く2人。若干挙動不審で雀荘に送り込んだ時点で何となく察せそうな気もしますが。

    91.jpg帰宅した和の回想。

    タコスのために進学校を蹴ってまで長野に残った和。麻雀に良いイメージのない父親ですから麻雀部の無い学校を予定していたのかも。
    それにしても「こんな田舎の~」とは、地元民が聞いたら仕事が来なくなりそうな……

    また、この恐らく弁護士である父親、麻雀をほぼ運で決まる不毛なゲームと評しています。確かに麻雀は運による所が大きい種目ですが、駆け引きや押し引きといった要素に加え、不確定要素が入る分、ある意味リアリティがありますし、こうした要素は現実の訴訟における戦いとも親和性がありそうな気がするのですが。あと法学部の教授も麻雀好きが多いイメージ。

    全国優勝を条件に長野に残れるようお願いする和。どちらかというとこの会話のニュアンスからは、個人戦を予定している気がします。「考えよう」なのであまり守られそうな約束ではないような。

    92.jpg合宿前に個々人の課題を整理しています。短期間なので重要ですね。
    和はリアルの情報に惑わされずネト麻のように打てるために、ツモ切り動作の特訓を奨められます。

    リアルの情報として咲さんの存在を指摘され、赤面する和と?の咲さん。完全に惚れたヒロインと鈍感主人公の構図です。

    93.jpg和とは対象的にネト麻を奨められる咲さん。
    能力に頼らない素の雀力を強化するということでしょう。
    実際、咲さんは嶺上等が通じなくなると極端に苦戦しているため、重要なウィークポイントだと思います。

    部長が最終学年になってようやくメンバーが揃った麻雀部。
    『天』の中で、人集めのことをオーラスの配牌に例えている会話がありましたが、結果的に逆転の役満一向聴くらいのメンバーですよねこれ。

    あくまで全国優勝を目指したい部長。
    中学時代に全国で途中棄権となってしまった部長は特に全国大会への想いが強いのかもしれません。

    94.jpgネト麻で実名晒してボロ負けしちゃう咲さんかわいい。
    牌が見えないようで、見えるとか見えないとかそんなオカ(ry
    いつもはもっと見えているいうことですが、ネト麻でも僅かながら見えてるのでしょうか。

    しかし、ネットとはいえ同じ麻雀なのに、そこまで能力が封じられているのも不思議に思えます。
    照魔鏡のようなリアル前提っぽい能力は厳しいとして、ドラローや収穫のような牌や運が偏る系の能力はどうなんでしょう。あと、姫様や怜みたいな特殊な能力も気になります。
    咲さんの麻雀は、牌が見える+豪運、で成り立っていて、ネト麻は牌が見えない、もしかしたら豪運も補正を食らったということなのか。

    95.jpg強くなるため、メゲずにネト麻を打ち続ける咲さん。

    和も帰宅後、練習で指が痛くなっていますが、長野に残るためツモ切りの特訓を続けます。
    「負けたらここにはいられない―」とのことですので、このままなら転校はほぼ確実なのでしょう。
    万が一転校する場合でも、既に全国出場は果たしているため、進学校かつ麻雀強豪校に入ることにはなりそうです(翌年咲さんが全国を目指す理由になる?)。
    逆に、もし全国優勝して長野に残れるとして、そもそも引越しは親の仕事の都合によるとのことですがどうするのでしょう。もしかして和の一人暮らしになるのでしょうか(咲さん連れ込みそう…)。

    96.jpg共に全国に行かなければならない理由を持つ咲さんと和。
    苦悩しつつも練習に打ち込みます。

    そうしてキンクリ強化合宿の幕が開けたところで第6局が終了。
    同時に第1巻も終了し、次巻からいよいよ長野予選が始まります。

    とはいえこの第1巻、おまけまんがが3ページあります。

    フルーツ牛乳と見えない星


    97.jpg合宿の夜、温泉に浸かった咲さんが流れ星を目撃し、それを聞いた和とタコスもこれを見に行ったというもの。

    この後も巻末に番外編が収録されることはありますが、このおまけはコマの間にモノローグがあったり、雰囲気がいつもと違っていたりと、特に印象的でした。

    「何かを見失っていた私の目に映るもの」である流れ星、「見えなくともそこに星はあるのだ」などの気になる表現があります。
    咲-Saki-の物語に関連していると言われている、日本神話等に関連する表現とかだったりするのでしょうか? 
    残念ながら管理人には分かりませんでした……

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-Saki- - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/03/05 18:18 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    アニメでは優希が「結局見られなかったじぇ」と言ってたけど、原作だと和と優希も流れ星を見たようにみえる
    そして1巻の最後を飾るカバーの咲さんがかわいい

    No:33 2013/03/05 20:54 | メゲる名無し #- URL [ 編集 ]

    アニメには少しだけ顧問が出てたと思います。

    No:34 2013/03/05 22:15 | #- URL [ 編集 ]

    ところどころにある孕村さんへの突っ込みが厳しいw

    アニメでは合宿はじっくりやってて良かったですね

    No:35 2013/03/05 22:16 | 上埜さん名無し #halAVcVc URL [ 編集 ]

    >「何かを見失っていた私の目に映るもの」
    >「見えなくともそこに星はあるのだ」

    これは個人戦におけるステルス破りの伏線ではないかと思います。
    アニメではこのエピソードを上記シーンの直前に入れていましたし、
    原作1~2巻はかなり先の展開の伏線がいくつか見受けられるので。
    池田の7p切りとか、南浦さんモブ出演とか。

    No:36 2013/03/05 22:29 | #- URL [ 編集 ]

    Re:

    コメントありがとうございます。

    > アニメでは優希が「結局見られなかったじぇ」と言ってたけど、原作だと和と優希も流れ星を見たようにみえる

    管理人も最初アニメのイメージで結局見れなかったと書きそうになったのですが、原作では見れたっぽいですよね。咲さんかわいい。

    > アニメには少しだけ顧問が出てたと思います。

    部長の合宿申請時に男性顧問を確認しました。実は東京にも来てたりするんでしょうか。

    > ところどころにある孕村さんへの突っ込みが厳しいw

    同じ咲さん好きなので和の反応や思考が想像し易いのかもしれません。アニメは咲さんのはだ(ryが見れてとてもすばらでした。

    > これは個人戦におけるステルス破りの伏線ではないかと思います。

    あれ? 流れ星のシーンは7話だったかと思うのですが。。見失うといえばステモなのでその線もあるかもです。個人戦を描いてない原作ではまた別の意味もありそう。見直したら確かに南浦さんはプロと一緒にモブで出てますね。この辺り盲点でした。

    No:37 2013/03/05 23:52 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    牌が見えていると言うと「牌が透けて見える」と受け止めがちだが
    咲さんの言葉は額面道理受け止めない方が良いかと。
    見えているのは牌をとりまく運命なのかもしれませんよ。
    牌が見えなくともそこに牌はあるのだ。

    No:38 2013/03/06 02:43 | の名無し #- URL [ 編集 ]

    Re:

    > 牌が見えなくともそこに牌はあるのだ。

    思わず、おお!!と言ってしまうくらいしっくりきました。
    直前に見えない云々の話をしていたのでここと関連する可能性、高い気がします。
    主人公で何度も描写されてるのに、咲さんの能力は謎が多いですよね。

    No:39 2013/03/06 11:03 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。