スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    【咲-Saki-】第4局 咲さんガクブルかわいい

    リザベーション覚えて、和了れなそうでも構わず7翻縛りをかけ続けて咲さんをビビクンさせたい『劒谷の悪石の巫女』(2/22、池田華菜さん誕生日おめでとう)です。

    72.jpg前回に引き続き、第4局の感想を書いていきたいと思います。
    ちなみに、いつも題名が「第~局感想」では面白味が少ない気がしたので、管理人の寒い一言感想も添えていこうかと。

    前回、部長の策略によってワカメイド雀荘で1日バイトをすることとなった咲さんと和。順調に勝つ2人の前に謎のカツ丼さんが現れます。


    第4局 [翻弄]

    73.jpg藤田プロのプレッシャーを照と対局したときのようだと感じる咲さん。
    後に、日没前やや本気の衣のプレッシャーを小さい時の照より酷いと形容してますが、もし比較対象が同じ昔の照のことだったなら、やはり藤田プロより衣の方が上ということでしょうか?
    まあ、作中で藤田プロが本気で打ったことがあるのか自体不明なので、なんともいえませんが。

    途中対局はキンクリされ、いきなりオーラス。トップの和と藤田プロの差は7400。3900以上直取りか6400以上を自摸で逆転、リー棒があれば3200直撃か5200自摸でも可能です。

    74.jpg10順目、藤田プロが1・4・7筒待ちで聴牌しますがリーチを掛けません。確かに、この形からフリテンにならずに和に直撃するか自摸ることができても、リー棒やタンヤオが付いてなお逆転には裏が1つ必要となってしまいます。

    そしてラス親の男性がリーチ。
    和の手牌、普通なら8萬と5索を落としたいところですが、8萬は咲さんが萬子気配が濃厚で捨てずらく(実際捨ててたら満貫振り込んで咲さんがトップでした)、5索も親リーの間4軒と危険なため、現物で8索と迷った後、2筒トイツ落しを選択しました。

    75.jpgこのトイツ落しを見て、意味深な表情をする藤田プロ。この時には既に和をまくるシナリオまで見えていたということか。

    そして、たまにネタにもされる、咲さんの「次のツモの南をカン、嶺上牌の8萬で和了って…」というこれ、嶺上牌どころか次のツモ牌まで見えてるとかホントにナニソレコワイです。
    そういえば、漫画でオカルトじみた和了り方を考えるキャラのモノローグがあるというのも珍しい気がします(例えば天3巻の赤木とかも「天が数順後掴む4枚目の4萬で引っ掛けて、裏を9つ乗っけてまくる」とかSOA的な思考だったのでしょうか?)。

    76.jpgドラの5索が入り、咲さんより一歩早くカンをした藤田プロ。これで8萬が暗刻となり、暗カンと合わせて符が上がったため逆転に届きました。

    これに対して咲さんは照の時と同じものを感じたようですが、プレッシャーのことでしょうか?それとも、家族麻雀の時、照も似たような方法で咲さんの嶺上ツモを潰していたとか(準決勝でカンを使って玄を追い込んだりしてましたし)。
    また、新たなドラ表示牌の西が強調されており、咲さんにはカンドラが2つ乗っています。99局から咲さんはカンドラを乗せることは殆ど無いとのことですが、今回結果的にカンをしてれば乗ってしまう状態であったことは何か関係があるのでしょうか?

    77.jpgそして、和が落とした2つ目の2筒を藤田プロがロン、逆転しました。
    カンをして咲さんの嶺上ツモ防いで、嶺上牌で8萬が暗刻になって、ドンピシャのタイミングで狙い撃ち聴牌維持、それを多分故意にやってるとか、もう普通になんだそりゃ状態です。
    実は明らかになってないだけで、藤田プロも何かしらの異能を持っているのかもしれません。

    相手の和了り方に動揺している和(右端の男性は全く無表情なのがなんとも、常連で藤田プロを知っているとかか)。ここまでの和はそういう役回りが多かったですが、のどっち化して以降、現在は役満を和了られても動揺しなくなりました(1期ラストエンディングは…)。今の和が再びこういったリアクションをする事態は来るのか。

    ちなみに、和が2筒トイツの前に、迷ったもう一方の8索を捨ててたらどうなっていたのでしょう。藤田プロがこれまでの局から咲さんが嶺上が得意なことを知った上で、やはり妨害のためカンをしていたのではないかと思います。その上で、同じ2・5筒(残りは全て和の手牌)待ちか、3・6筒待ち(自摸なら逆転)にしていたのではないかと予想します。

    78.jpgこうして藤田プロが1位を取って第4局が終了。

    これぞ正にガクブルといった姿で怯える咲さんにさらに次の勝負を仕掛けるカツ丼プロ。
    果たして咲さんの運命やいかに?
    第5局に続く。

    それにしてもこのガクブル咲さん、メイド姿と合間ってちょーかわいいです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 咲-saki-阿知賀編 - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/02/22 17:31 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。