スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    【咲-Saki-】第3局感想

    咲-Saki-1巻を膝に置いてたら最近ちょっとづつ咲ちゃんが見えかけてきた気がする『新道寺のエース』(2/20現在)です。この2つ名、ただの哩さんやん・・・

    61.jpg 
    今回は咲-Saki-第3局の感想を書いていきたいと思います。

    前回咲さんから全国を目指す理由を告げられ、ともに全国へ行くことを約束した2人。
    そういえば、咲さんの姉が照で、姉との和解を全国の目的の一つとしている、という事情は漫画では今のところ和に話す場面しか描写がありません(アニメでは温泉回で全員知りましたが)。この点は漫画ではどういった扱いになっているんでしょうか?

    それにしてもこの和、エロイ。というか基本エロ担当…ですよね?


    第3局 [雀荘]

    62r.jpg初登場、原村父(wikiぺの情報では弁護士)。アニメ版の声は「21世紀…」のナレーションでおなじみ、中田譲治さんです。
    和の声が小清水亜美さんなので、型月厨である管理人は真っ先にFateシリーズの綺礼・カレン親子(暫定)が頭に浮かびます。あっちのように親子関係はさほど悪くない様子。ちなみに咲さんの植田佳奈さんが演じてる凛の後見人でもありました。
    話がそれてしまいましたが、この父、麻雀部でのことを遊びと評しています。後に麻雀に良いイメージを持っていないことが確定しますが、そもそも強豪の推薦も蹴ってまだ正式な部もない学校で活動しているので、遊びと言われても仕方の無い状況ではあります。
    それにしても、夜更かしとは、咲さんを想いながら一体ナニをしていたのでしょう?

    63l.jpg登校中に咲さんのことを思い出してこの表情、これもうライクじゃなくてラブと見られても仕方ないような・・・
    昨日の指切りを思い出してる左のコマ、上がコミックス、下が雑誌掲載版の絵ですが、なぜか小指をくわえるのを止めさせてます(アニメではまたくわえてました)。露骨にはならないぎりぎりラインの百合の模索でもしてるんでしょうか?
    そしてこの日から全国を目指して特訓とのこと。

    64r.jpg和とお昼を食べると聞いた京太郎のこの反応。全中王者がメインとはいえ、美少女路線でも雑誌に取り上げられてる和ですから、学校でもアイドルのはずですので、こういう反応も普通なのでしょう。
    和が嫁という言葉で妄想する京太郎とムッとする咲さん。咲×京とかろうじていえる唯一のシーンといえるかもしれません。実際咲さんは京太郎のことをどう思ってるのでしょう?なんやかんや最終的には京太郎と咲さんがくっつきそうな気もします。
    一方で、京太郎が偶然タコスを押し倒してしまうこのシーン。この後の描写でも京×タコの線は何度か強調されています。連載が決まって、咲×和の百合路線を前面にしていくため、タコスにしたと考えるのが普通なんでしょうか、やっぱり。
    65l.jpg放課後、ついに清澄麻雀部が全国に向けて始動しました。
    なにげにエトペンが初登場しています。
    団体戦、5人交代、10万点持ちというルールに困惑していますが、確かに麻雀で団体戦は殆ど聞かないですね。ここらへんのルール設定とかどういう風に決めていったんでしょうか?
    そして、強豪風越に圧勝して全国に出場した龍門渕高校。多分、衣と冷やし透華を除いたらここの描写が全盛期だったのでは…… 最近は有珠山高校が似たような表現をされていましたが、どうなるんでしょう?
    ちなみに風越は惨敗だったらしいですが、キャップはどうだったのかというと、透華がバカヅキしていたところを上手く立ち回っただけとのことなので、一応手も足もでなかったと言えなくもないようです。
    66l.jpg
    部長の指令で雀荘ワカメroof・top(直訳で屋根の上)のバイトにいくことになった咲さんと和。
    二人とも恐がってるあたり、麻雀1億強のこの世界であっても、行ったことのない人にとって雀荘が恐いイメージであることに変わりはないんですね。
    管理人も行ったことがない、そもそもリアルで麻雀はやったことがないので恐いイメージが先行してしまいます。賭博はまずいので、そのうちノーレートに行ってみたいです。

    そうして雀荘に到着した咲さんたち、

    67r.jpgそこはまさかのメイド雀荘!なんじゃそりゃ?
    でも実際調べたらあるんですねメイド雀荘。なんか余計恐いイメージが湧くんですが。
    それにしても咲さんかわいい咲さんかわいい咲さんかわいい咲さんかわいい咲さんかわいい咲さんかわいい咲さんかわいいs(ry
    恥ずかしがる咲さんに対し和はまんざらでもなかったり他のも着てみたいという様子。阿知賀編で非常にマイノリティーな趣味とか言ってましたが、現実にはそこまで少数じゃない気も。和のすさまじい服装はこれ以降もちょいちょい出てきますね(アニメシリアスEDの咲さんの服も相当アレですが、和の影響?)。
    この雀荘はノーレートのこと。いや、どんなに低くてもレートありだと賭博罪に該当してしまうのですが。この言い方から察するに、咲-Saki-の世界では麻雀人口1億人突破ということもあって、一定のレートまでは競馬やパチンコのように賭けることも合法化されているのかもしれません。

    68l_20130220220440.jpgこのあたりの様子からは雀荘自体は現実のものと差はないように思えます。客も中年男性ばかりです。
    順調に勝ちを重ねていく咲さん達。強いと言われうれしそうです。しかしその時、咲さんが謎のプレッシャーを感じます。麻雀以外で能力者がプレッシャーを感じるシーンはおそらくここが最初(和が咲さんから感じたところは微妙ですが)。これ以降はこうしたプレッシャーなどの超能力じみた描写が普通に登場していく方向性で話が進んでいきますね。

    69r.jpgそして登場した藤田プロ。前髪がちゃんとあります。

    この人は1巻から登場していますが、他のキャラとは対照的に、巻数が進んでも顔デザがほとんど変わってないめずらしいキャラな気がします。
    直接対決はしなかったものの親善試合で衣に順位で負けたり、冷やし透華に連敗したりと作中内外での評価は微妙になってますが、トッププロに混ざってカード化されていたりするので、プロの中でも上位の方にいるとは思います。

    とはいえ、全国2回戦やトッププロにモンスター呼ばわりされている咲さんの描写を見てると、ここにいるのが現在の咲さんだったら、プレッシャーを感じていたのはカツ丼さんの方だったかもしれません。

    こうして明らかに真打っぽい人が登場したところで第3局が終了。
    謎の女性の実力やいかに?の第4局に続く。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/02/20 22:55 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。