スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  •  TOP

    【阿知賀編】第19話焦点考察

    まず、すでに多くの方がご存知のように、咲-Saki-シリーズの原作者である 小林 立 先生が取材先で負傷し入院・手術を受けていたことが明かされました。現在は退院されているとのことですが、心よりお見舞い申し上げます。
    本編もしばらく休載とのことですが、回復と復帰をお祈りしております。

    今回は咲-Saki-阿知賀編第19話について、各所で感想は出尽くした感があるので、個人的に気になった点だけまとめたいと思います。阿知賀編も1話から感想を書いていく予定ですが、次回最終話とのことなのでなんとなく先に書いてしまいます。
    a01.jpg
    遂に来てしまった、次回最終回のお知らせ。
    予想は、予想はしていが、しかし・・・・・・
    いや、まだ番外編があるはず、まだ慌てる時間じゃない・・・・・・!


    a02.jpgまずはこのチーム虎姫、部内上位からではなく、攻撃特化のチームだったとのこと。何故レギュラーチームの名前があえて虎だったのか疑問でしたが、チーム名の一つだったんですね。しかしそうなると、特に照がいる間は、防御特化やバランス型の選手が日の目を浴びれず、そもそも入学してこなくなるのではとの疑問。白糸台上位チーム出身で箔を付け、インカレでの活躍を待つということも考えられますが。

    a03.jpgそして、この回にして新登場、西東京決勝で淡と戦った多治比真佑子さん。とても素晴らしい戦犯顔を披露してくれました。
    ちなみに、右は長野決勝で衣のオーラに当てられたかじゅの顔。多治比ちゃんほど恐れてはない様子。もっとも、この両者の実力や、異能感知の差は不明な上、この時点では衣も全力ではないので、単純比較はできません。


    a04.jpgそして明らかとなった淡の本気モードの能力。ダブルリーチをかけた後、牌山最後の角の直前でカンをかけ、角を越えた直後に和了り、カン裏を乗っけるというもの。
    この能力、配牌前の賽の目によってラス角までの距離、つまり淡の和了速度が変わるので簡単に計算してみました。まず、賽の目2つの合計である2~12の内、淡の和了が一番早いのは7の目であり、そこから、6・5・4・3・2・12・11・10・9・8の順に遅くなっていきます。また、7~2まではそれぞれ目の間の時間差は1順にも満たないのですが、2と12の間だけ3・4順程の差が存在します。つまり、12~8の目が出た場合、淡の和了が大きく遅くなり、一番遅い8の目だと、ラス角は海底牌の直前にまで遅れます。この能力、ダブリーとカン裏だけではハネ満以上になりにくそうですが、カン裏ダブルとかもあるんでしょうか?

    a05.jpgこのダブリーカン裏直後の阿知賀・千里山両サイドの反応。すぐに思い出したフナQも凄いですが、既に見抜いていた感じの赤土監督、両者の対策の差が出ている描写です。
    もっとも、異能麻雀を考慮しつつも、基本は対戦校の牌譜を研究するフナQに対して、赤土監督はおそらくオカルト・異能麻雀の極致ともいえるすこやんにフルボッコにされていることから、対戦相手の顔映像を研究材料にする等、より異能力者対策に一日の長があったとも考えられます。こうした要素は、シャープ・シューター・菫のクセを唯一見抜いていたことにも繋がっていたのではないかと思います。

    a06.jpg次に、衣が咲さんに穏乃の脅威を教えるシーン。
    気になるのはこの「2回目には海底に辿り着くことすらできなかった」です。この2回を4・5度目の海底のことと考えると、4度目は海底が和了り牌でなかったか聴牌できなかった、5度目は穏乃か他家に和了られたと推測されます。あるいは、半荘2回目からは海底を和了れなくなったともとれます。前者なら、後半で衣の一向聴地獄と海底撈月の2つを破ったことに、後者なら2回目以降完全に一向聴地獄の支配を破ったことになります。おそらく前者だと思われますが、先鋒の次にエースが集まりやすいであろう大将に穏乃がオーダーされた理由がようやくはっきりしてきました。

    a07.jpg次に穏乃が淡を出し抜いて和了ったこのシーン、レジェンドは穏乃が淡と戦えるかこの局で決まるといい、見事淡から和了ってみせましたが、ピンゾロとはどういう意味だったのでしょうか。

    ピンゾロ、つまり賽の目の合計が2のときは、淡の和了速度は、12~8の目程ではないにせよ、7~2の内では一番遅く、大体全体の中間くらいの速さとなります。
    また、この局で淡がカンをかけた場所が穏乃の手前の山であったことから、それが影響したとも考えられます。
    しかし、
    a08.jpg
    その次の後半戦、淡が再び和了った東1局。
    右の画像から、この局でも淡がカンをしたのが穏乃の手前の山と分かります。このことからだと山の場所は関係ないように考えられます。もっとも、これまでの描写から穏乃はスロースターターっぽいので、後半戦開始直後では能力が発揮できなかった可能性もあります。
    また、この局は牌山の形から賽の目が7であると分かり、淡が最速で和了れるパターン(牌牌で聴牌もこれが理由?)ですので止められなかったのかもしれません。
    先のピンゾロは淡の和了速度が中間くらいなため穏乃との力比べによいという意味だったのでしょうか? この2局の違いを比較してみても、他には分かることがありませんでした。

    a09.jpgまた、今回、当初は本編ラスボス候補かと思われていた淡が圧倒的な強さではなかったことに強い批判も見られますが、そこまでつまらないと管理人は考えていません。
    衣が2年で更に強くなったように淡もまだ伸びしろがあるキャラでしょうし、そもそも、この卓は現在作中で一番上位の場所である準決勝の舞台なので、全体のレベルが高く、魔物といえどそう簡単に勝てるとは考えにくいです。
    それに、決勝が淡1強の描写では、長野決勝の焼き直しになってしまいます。それだったら、決勝の大将卓は、全員魔物クラスで拮抗し合う、そんな名勝負にするというのもありだと考えます(もっとも、阿知賀編での描写だと咲さんがラスボスっぽいような気もしますが)。まあ阿知賀については、いくら麻雀部復活を決めてから1年近く練習し、始動後は連日長時間の練習を積んだとしても、いきなり準決勝まで進出したことに違和感がないといえばウソになりますが・・・・・

    ちなみに、この時点で照に心当たりのある、淡のダブリーを破れそうな高校生約10人は誰なのでしょうか?
    白糸台主将の菫の台詞から白糸台では照のみと考えられます。そして今回の姫子は確定。穏乃にはまだ気付いてないようです。次にありそうなのが、魔物の小蒔・衣に個人戦2・3位の憩・ガイト、同じカンで出し抜けそうな咲さんでしょうか。さらに次点で、怜、この試合を見ていて直前に怜ちゃん竜華もありそうと考えたかも。また、もし他校の試合を見ていたなら、有珠山と臨海に1人とかこんな感じでしょうか。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

    2013/02/13 21:38 | 咲-Saki-

  • | このエントリーをはてなブックマークに追加
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    サイの目の話だけど
    淡が東南西北のどの席に座るかで変わったりしないの?(親の左4とか北家の右6とか)
    第一ツモの場所によっては次の山の端まで行かないとカンできないんじゃない?

    No:5 2013/02/13 23:51 | #- URL [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    > サイの目の話だけど
    > 淡が東南西北のどの席に座るかで変わったりしないの?(親の左4とか北家の右6とか)
    > 第一ツモの場所によっては次の山の端まで行かないとカンできないんじゃない?

    管理人はコンピュータ麻雀しかやったことがなく、あまり詳しくなくて申し訳ないのですが、
    最後の角の位置は賽の目だけで決まり、淡は角に差し掛かる山の最後の4牌どれか1つ(席順による)をツモってからカンをすると考えられるので(鳴かれなければ)、ご指摘の通りその4牌分は席によって変わると思われます。よって、席順により賽の目1つ分の誤差はでるかと。7~2と12~8の間だけは差が大きいのは変わりませんが。

    No:6 2013/02/14 01:01 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    ダブルリーチなのに和了るの遅いとかどうなん……?

    No:7 2013/02/14 02:57 | #- URL [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    > ダブルリーチなのに和了るの遅いとかどうなん……?

    確かに、最速でも9~10順はかかりますね。配牌5向聴と合わせても照は普通に和了りそうです。
    いや、普通は充分酷い能力なんですが・・・・・

    No:9 2013/02/14 04:03 | orenozon #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。